« 2005年4月、まずはロサンゼルスだ。 | Main | 2005年6月、ペルーでひと休み。 »

2005年5月、そして走り出すのだ。

★2005年5月1日(日) [ベーカー→ストーブパイプウェルズ]
8時20分、ベーカー出発。気温30度。
10時30分、シューショーンにて休憩。
素晴らしく気持ちいい道で、ぜひあなたにオススメしたい。
地図にあるたった一軒のガソリンスタンドが休み
2005-05-01P08 …っていうかなんていうか、左の写真のごとし。
しかたないので、片道30分のファニースクリークまで戻る。
このスタンドは、8時まで現金でガソリンが買えると教えられたけれど、実は5時までじゃん。
10分前で、ぎりぎりセーフ(スタンドでは、クレジットカードが使えないことが多いのでね、いつも現金買いなんですよ)。
本日は、129mile(207km)走行。
今日の道は、信号ひとつもなし。いいでしょ。

★2005年5月2日(月) [ストーブパイプウェルズ→リッジクレスト]
8時30分、ストーブパイプウェルズ出発。気温33.4度。
ガイドブックに危険かもと書かれていた、魔の190号線の峠超え。
ときどき崖横を走る程度で、たいした事なし。でも緊張の連続。
ローンパイン手前のビジターセンターで、謎の親父に聞いたことのない観光地アラバマヒルズを薦められる。
ご推薦に従いアラバマヒルズの通称ムービーロードを走るが、未舗装のため砂地でコケル
超低速でずぅーっと走る。再び緊張。
奇岩とその後ろの雪を冠したシエラネバダ山脈すごし。アルプスの少女のごとし。
道路上に観光案内板がなく誰もいないので、道に迷い引き返す。
20050502p05_2二度と町に戻れないような気がした。
でも映画ファン(特に西部劇)には、オススメ。
左は、レストランの壁の絵。
フリーウェイ395号線を80mile(129km)南へ下る。
時速75mile(121km)に慣れず超緊張。
しかも途中、
さらに緊張。すぐにやむ。やれやれ。
幾度も休憩して、17時にリッジクレスト到着。
本日の走行距離、185.8mile(299km)。
近所のモールで、タイヤ修理キットを買う。
夕食は、モール内の日本食レストランTOKYO HOUSE。
隣の席の外人さんが、お味噌汁をくれた。THANKS。
彼は、ご飯にお醤油をかけて食べてた。
そういう食べ方は普通しないぞ…と教えてあげたかったが、ほっといた。
今晩のモーテルは、ワイヤレスラン(インターネット)が使えてしかも無料だった。素晴らしい!
すべからくホテルはこうありたい。
夜はテレビの「24」を見た。

★2005年5月3日(火) [リッジクレスト→ニードルス]
朝食付きだったので、今朝は少しゆっくりして、9時5分にリッジクレストを出発。気温20.4℃。
ハイウェイ395を南下。再びバーストウのルート66美術館へ。
ルート66の詳しい地図を買い、ルートを教えてもらう。
2005-05-03P05ルート66を東へ。
暑い暑い暑い。何もない。誰もいない。
車もほとーんど通らない。忘れられた道
でもときどき、センチュリー21の売り地の看板がある。こりゃ、買っても困るでしょ。
途中から舗装状態が悪く凸凹道
時速20mail(32km)くらいで慎重に走る。ガソリンを入れたり、ちょっと休憩したりしながらアンボイに着く。
ガスステーションで、日本人ライダー見かける。
1件しかないCAFEで遅い昼食。一見カレーに見えるビーフシチューが割と美味。ホットドッグもいい感じ。
期待していたEssex、Goffsにはモーテルがぜんぜん無いので、Needlesまで走る。
Needlesにはモーテルがたくさんあって、しかも安い。でもインターネットアクセスフリーは1件だけで、高い
しかたなく35ドルのモーテルに泊まり、ネットは断念
18時半、チェックイン。
計255.6mile(411km)。新記録
夕食は中華。一人前を二人で分ける。
夜、祐子の母様より留守番報告のtelあり。

★2005年5月4日(水) [Needles→Seligman]
8時30分、Needlesを出発。気温34.9度。
いきなり道に迷う
他、行き止まり2回。
2005-05-04P12観光地Oatmanで食事をする。
12時と3時にショーがあるが、食事をしていて見逃す。
Kingmanのミュージアムに寄る。ここは大きい。ビデオを観る。
17時、Seligman着。
面白そうなギフト街なり。4、5軒しかないけど。たぶん週2005-05-04P60 末は賑やか。
今日の走行は、前半山あり谷あり。
デスバレーより、暑くてちょっとだけ崖があり危険な道
後半、まっすぐでほとんど車なし。
モーテルの親父オススメのステーキ屋へ。1割引にしてもらう。
本日174.8mile(281km)。
★ ★ ★
携帯で、ネット接続20分くらいを2回と3分30秒を1回。
いったい、いくらくらいかかるのだろう?

★2005年5月5日(木) [Seligman→グランドキャニオン]
8時15分、Seligmanを出発。15.8度と寒い。
Williamsで朝食。
ここはモーテルだらけの街。
祐子、朝食のお店の請求金額の合計が間違っていることを見抜く
さすが祐子!危うく3ドル損するとこなり。
Williamsを10時40分出発。
2005-05-05P0712時15分、グランドキャニオン着。
Yapapai RoomsからTrailview Overlookまで約2.5mile歩き、シャトルバスでThe Abyss。Hopi pointまで約1.9mile戻る。日没を見る。
シャトルバスでBright Angel Lodge隣のレストランへ。
夕食、贅沢する。
IMGP0865義裕、NewYorkステーキ
日中も時々寒いが、夜はすっかり寒い。
Tシャツ、短パンの馬鹿もたくさんいるけれど。
40号線、64号線ともに空いてる。本日109.1mile(175.5km)。
ネットをするため、ホテルの電話からグランドキャニオンのアクセスポイントへは繋がらず
なぜだ?
しかたがないので。フラッグスタッフへ接続。
9,1と入力してから市外局番で、32分の利用。

★2005年5月6日(金) [グランドキャニオン]
IMGP0888今日は、霰、雨、雪、どれも激しいッス。
1.8度から4.7度くらい。
とても寒いッス。
朝から、カフェで読書。
早めに寝て、明日に備えるなり。

★2005年5月7日(土) [グランドキャニオン→ラスベガス]
6時10分、グランドキャニオンを出発。1.6度と激寒
ジャージを穿いてから、ズボンとレインウェアの三段重ね着
上着はインナーを着用。
完全冬装備
でも手と足が寒いです。
フーバーダムの手前でガソリン残量メーターが点滅し始め、焦る焦る。
ぎりぎり267.2mile(430km)地点で給油。
93号線は、結構フリーウェイと同じような大きい道路。後半、アップダウン多い。
なんとか、梅さん家に15時20分着。
うめ家族外出中のため、ベランダで待たせてもらう。
大下氏に電話。留守電で9日のスクーターの点検の件をメッセージに入れる。
18時半頃、うめさん夫婦&ジョーイくん帰宅。
バーベキューをご馳走になる。美味。
本日の走行距離、314.6mile(506km)。

★2005年5月8日(日) [ラスベガス→ロサンゼルス]
朝、荷造り&おにぎり作る。
8時50分、うめ宅出発。気温27.2度。
ストリップ付近、フリーウェイを避けて一般道で西南へ向かう。
一部(ラスベガス南部)フリーウェイ進入路間違えて北へ戻ってしまい、再度同じ道を走る。やれやれ。
ベイカーでおにぎり休憩。美味しかったー。
おにぎりっていいなぁー。最高。
バーウストウまではフリーウェイで15時着。以降はほとんど一般道、特にアルカディアまではルート66を使ってガーデナまで走る。
インターステイト15は、ロサンゼルスに近づくとカーブが多く、路面が縦斜線模様で80mile(129km)も出して走りたくないッス。ホント。
ロサンゼルスのルート66は幅広く、街路樹、中央分離帯があるところもあり、綺麗。
ときおり「ルート66」のサインあり。
給油以外休憩なし。お尻が痛くなる
地図にない道を走り、最後は偶然にも走り慣れたレドンドビーチBLVに出て一安心。
18時20分、レドンドビーチインにチェックイン。満室のため2ベッドの部屋しかなし。60ドル。
義裕、他をあたるが65ドルの部屋しかなかったので、レドンド~を55ドルに値切る
日本食レストランで食事。さんま定食、すきやき丼、いまいち
義裕が舌を噛む。血、だらだら
本日の走行距離、326.4mile(525.5km)。新記録

★2005年5月9日(月) [ロサンゼルス]
ロサンゼルスからニューヨークまで走る予定の坪井氏が、レドンドビーチインに来る。
坪井氏、AAAまで走るが閉店までに間に合わず、地図を入手できない。
が、とりあえずビーチまで走る。
大下氏にバイクのメンテをお願いする。
タイヤに空気を入れるコンプレッサーを買う。
坪井氏の壮行会として、たいへんご馳走する。

★2005年5月10日(火) [ロサンゼルス→Lindsay]
2005-05-10P01坪井氏の出発を見送る。
写真撮影。
9時半、出発。気温17.7度。
ウエスタンアベニューをひたすら北上。
途中、貧困層地帯を走る。そしてハリウッドへ。
フリーウェイをなるべく使わないでロサンゼルスを脱出。
山越えなので、時間がかかる。
しばしば道に迷う
5号線から99号線へ、ベーカーズフィールドを過ぎてから65号線に入る。
65号線は風が強いがいい道路で、みかん畑が広がる
Portervilleでモーテルを探すが、雰囲気悪し
IMGP09276時半、Lindsayのスーパーエイトにチェックイン。
同敷地内のレストランで食事。ウェイトレス3人とも今日が初出勤だって。
うち一人は'97年に京都を訪れたことがあり、お好み焼きが好きだとさ。
3人でオーダーを確認し合い、入れ替わり立ち代りコーヒーのお代わりを聞きに来るのが微笑ましい。
本日218mile(350km/迷ったので実質180mile?/289km)。

★2005年5月11日(水) [Lindsay→Yubacity]
9時、出発。気温18.5度。
念のため、靴下重ね穿き、ジャケットインナーを着けて走る。
IMGP0933ほとんど99号線を使って北上。
途中のバイサリアは、綺麗な街。
サクラメントも都会できれいな街。一方通行多くて迷って行ったり来たりしたけれど。
6時、Yubacityのモーテルにチェックイン。
ワイヤレス通信無料。部屋でコーヒー飲める。
DENNY'Sで夕食。
本日310.3mile(499km)。

★2005年5月12日(木) [Yubacity→Roseburg]
2005-05-12P038時15分、出発。気温16度。
99号線を北上。この道は田舎道で走っていてとても楽しいし気持ちいい。
車も少ない。あなたにオススメ。
Red Bluffのバーガーキングで朝食。
インターステイト5を北上。
山越えだけれども、怖くなくてgoodな道。交通量少ない。風なし。あなたにオススメ。
12時40分、Dunsmuirで休憩。
ペットボトル容れを失くす。ショック
13時半、Yrekaで休憩。
14時45分、Nedfordで給油。
5時15分、Roseburgでチェックイン。
インターネットは、Niftyの海外接続ローミングを利用。
ローカル電話(無料)で、インターネットフリーアクセス。
夕食は中華。残りは弁当にしてもらう。
本日347.5mile(559km)。新記録なり。

★2005年5月13日(金) [Roseburg→ポートランド]
9時40分、出発。気温30.8度。
モーテルの朝食付き、義裕少々仕事。
暑いけれど、厚着する。走り出すと、ちょうどいい。
インターステイト5を北上。
森林地帯のそりゃぁまぁ素晴らしい道なり。
超オススメ。
Eugeneから99号線に入る。
農道。これまた素敵な道。交通量少なし。風なし。
13時15分、ケンタッキーで一杯のコーヒーを買って、昨夜の夕食の残りを、昼食にする。
ゲストハウスの場所になかなかたどり着けず、街中を狂ったようにぐるぐる走り回る。
ようやく18時、チェックイン。やれやれ。ホントに疲れた。
本日の走行距離、221.3mile(356km)。

★2005年5月14日(土) [ポートランド]
IMGP0987今日は、オフ。
オレゴン動物園に行く。
たいした事なし。
ホッキョクグマ、でかい。恐ろしい。こいつと北極で会ったらどうしよう。
ユースホステル内で、ワイヤレスでインターネットを繋げるが、一度だけつながりその後接続できず
接続ナンバーを訊かれる。接続ナンバーって何だ?

★2005年5月15日(日) [ポートランド]
IMGP0994雨のため、出発延期。
REI、アウトドアグッズのお店、ダウンタウンを探索。
ポートランドは、実に雰囲気のいい街だすな。
夕食をユースホステルのマサト君とチサトちゃんと食う。
彼らの通う語学学校は、月600ドルと安いとのことで、シアトルだと、月800ドルぐらいかかるらしい。
あぁ、英語を勉強したい。外人さんと話しがしたい
昨日のネットに接続できなかった件は、やはりネット接続のためのナンバーが必要でした。
10桁くらいの面倒な番号を教えられる。最初に教えてくれよ。親父ぃ。

★2005年5月16日(月) [ポートランド→Snohomish]
ネット調べでは今週いっぱい雨
しかし雨が降っているが思い切って11時15分出発。気温14.8度。
出発準備を始めてから、雨が上がる。陽が差す。ラッキー
インターステイト5を乗ったり降りたり。
Centraliaから、507号線。走りやすし。
La Centerの前後は山道で、雨に降られる。
7号、167号、405号、9号と道をたどりながら、Seattleを通り過ぎる。
雨が降ってきて日も暮れ始め、モーテルを探し始めるがなかなか見つからなく、この先も大きな町もない様子で焦る焦る。
2005-05-16P576時半ごろ、Snohomishのガソリンスタンドでモーテルを訊く。
この街には、モーテルがたった1軒だがありました。
空いててヨカッタ
ホテルの電話で、Niftyの海外接続ローミングを利用。
本日の走行距離、216.5mile(348km)。

★2005年5月17日(火) [Snohomish→バンクーバー]
IMGP1008曇空だが念のためレインウェアを着て11時半出発。気温21.3度。
細い山道の9号線を北上し、国境越え
浅井さんの“天城越え”を思い出す。
ボーダーは、僕らのほかは二組だけで空いていた。
アメリカ出国側で質疑。どこに住んでいるのか?バイクは買ったのか借りたのか?カナダにどのくらい居るのか?何しに行くのか?武器を持っているか?ないってぇーの。
次はバイクを駐車場に停めてカナダ側のイミグレーション。
二人組みの男性の後、入国審査。バイクは1台か2台か?カナダに友人がいるのか?日本からはどこに着いたのか?どうやってアメリカに帰るのか?などで、スタンプポン!
反対車線は、アメリカに入るトラックで長蛇の列。
ガスステーションで休んでいたら、制服を着たおっさんにナンバープレートがないと指摘される。英語がわからないフリをして、笑顔で無視
どうやらカナダはナンバープレートが必要らしい。
実はこのスクーターには、ナンバープレートがない(ナンバープレートが、間にあわなかった。アメリカは付けなくてもいい)。
道にどんどこどんどこ迷いながら18時半、親戚の玲子ちゃん家に到着。
今日はずぅーっと、肌寒し。
庭にバイクを置かせてもらう。
本日の走行距離、162.2mile(261km)。

★2005年5月18日(水) [バンクーバー]
バンクーバーのダウンタウンを探索。
ワイヤレスインターネットのカフェを探すけど見つからない。
スターバックスでは、ワイヤレスはなしと言われるし。
高級ホテルのロビーで接続を試みるが、有料と表示されたので断念。
昼食を食べたカフェで試すと、15分ほど接続できる。電波ジャック
ラッキー
義裕、ハリーポッターの第一巻を買う。
義裕、洋書への挑戦である。
翌日のグレイハウンドバスのチケットを購入する。
ときどき雨。
文句を言うわけじゃないけれど、日本人とても多い。

★2005年5月19日(木) [バンクーバー→シアトル]>
9時頃朝食。ご飯とお味噌汁。美味しい!
10時半、親戚の達平氏の車で駅まで送ってもらう。
11時20分、グライハウンドバス出発。
時折激しい雨。I-5を走っている様子。
アメリカ国境にて入国審査。
陸路入国の件は問われず。ペルーのチケットは見せる。スタンプなし。
ランチ休憩なし。途中、玲子ちゃんにいただいたヨモギ餅食べる。美味しい!バス中に匂いが充満して、恐縮です。
2005-05-19P0115時40分頃シアトルに到着。曇り。
ホステルにチェックイン。ドミトリーの下の段のダブル。
駅にてアムトラックのチケットを購入。
セーフコフィールドで明日の試合のチケット購入。
YMCAはホテルなし。
もう一軒のユースホステルを予約。
市場を歩く。
オイスターレストランで夕食。
ホステルに帰ってネットなど。
12時半就寝。

★2005年5月20日(金) [シアトル]
2005-05-20P04朝、ドミトリー同室のカナダの女の子が、背中を向けてブラを着けるのを鏡で観察する。
午後、REIへ行く。
今日は、マリナ-ズ戦を観る。
イチロー内野安打一本、マリナーズのボロ負け。サ2005-05-20P25 エナイゾ!イチロー。

★2005年5月21日(土) [シアトル]
ホステルの朝食悪くなし。
がゆっくりできず、パンとバナナを余分にいただいておく。
ホステルのネットは、ワイヤレスで一発接続。
2005-05-21P0510時発のアムトラックが遅れ、カフェで時間つぶし、12時45分出発。。
左はバスを待つ巨漢カップル。
祐子が車内レストランで“本日のスペシャル”をオーダー するが、ボイルした野菜とベークドポテトだけ。。
変だなぁ?しばらく食べてからIMGP1100問い質すと、メイン料理のチキンを忘れたと言って、出しなおしてくれる。
あのね、チャーシューメンにチャーシューが入ってないようなもんじゃん。どーやって、忘れるのさ。
義裕は、スパゲティ。麺がゆるくて、不味い
車内は寒い。
義裕、自慢のi-podで音楽鑑賞。

★2005年5月22日(日) [→ロサンゼルス]
朝食は、昨日のパンとバナナ。
義裕、自慢のi-podで一日中音楽鑑賞。
祐子、『オーパオーパ』を読む。
夕食、祐子は懲りずに“本日のスペシャル”。
義裕も懲りずにスパゲティ。不味い
ロサンゼルスに9時到着予定が、深夜1時。
タクシーで都ホテルへ。
日本のボーダフォンへ、明細書の依頼で電話をする。
21ドルもかかる。
このホテルのネット状況は
3階と9階はワイヤレス接続できて、他のフロアは駄目。ケチだねココは。
10階はときどき接続可能なり。

★2005年5月23日(月) [ロサンゼルス]
リトルトーキョーで昼食を食べて、レドンドビーチインへ。
4時すぎ青樹氏のお店へ行き、預けていた本とスクーターのナンバープレートを受け取る。
レドンドビーチインのネット状況。
ワイヤレスで接続するけれど、ネットは繋がらず。
うめむらで夕食。

★2005年5月24日(火) [ロサンゼルス]
朝、髪を染める。祐子の色に合わせて義裕も茶髪に。
午後チェックアウト。
夕方までネットカフェ。
ラーメン屋さんで夕食。
タクシーでロサンゼルス空港へ。
夜中、飛行機に乗る。

★2005年5月25日(水) [ロサンゼルス→リマ]
2005-05-25P05リマ着。
タクシーの運転手、チャーリー英語喋れない。
だから話しかけてくるなよ。うざいよ。
義裕、仕事受信。
嫌な仕事で憂鬱なり。
夕食のペルー料理、うまい。
ボリバリアーノ。
今後に期待持てる。

★2005年5月26日(木) [リマ]
IMGP1141IMGP1185ペンションの近所で、ペルー料理のセビッチェを食う。
魚だけなのでちょと飽きるが、なかなかどうして美味い。
菊池君に教えたい。
ホルヘ氏に誘われて、フォルクローレショーを観に行く。
ニューヨークとフロリダから来たラテン姉妹に同行。
彼女たちは脂肪吸引手術のため、アメリカからペルーに来ていた観光客。
確かにおなかの肉は出てなかったが、お尻がかなりでかいぞ。
…と言いたかったが、言えず。
深夜1時半ごろ帰宅。

★2005年5月27日(金) [リマ]
午後から外出の予定だったが、Fの仕事の納品が急ぎになり中止。
義裕、夜8時まで仕事
ぎりぎり間に合う。
祐子、ひろこさんの買い物に付き合って外出。乗り合いのバスに乗る。
ショッピングセンターでひろこさんがストッキングと靴、ホルヘ氏のシャツを買う。途中両替も。1$=3.22ソレス。
ショッピングセンターは日本の百貨店と印象変わらず綺麗。
隣のスーパーでお惣菜を買う。量り売り。
昼食は仕事のため外出できず、祐子の買ってきた焼きそば、惣菜とペンションのご飯。なかなか美味い。
夕食は、ホルヘ氏作の煮物。
少し辛目だが、それがまた美味し。
ペルーは、食事がいいねぇ

★2005年5月28日(土) [リマ]
午前中、バンクーバー行きの航空券、翌日のナスカ行きのバスの予約に出かける。
ミラフローレスを散歩、昼食はピザ街で食う。
夕食にミックスセビッチェを食うが、やっぱり美味し。
太平洋を見る。ゲーセンで遊ぶ。1ソレス/ゲーム。ホルヘ氏、泥酔で結婚式から戻る。
義裕、カレーをご馳走になる。旨いッス。
NHKののど自慢を見る。
ホルヘ氏、すぐにボリュームを上げて困る。
『竜馬がゆく』、4巻。
今日、なぜかメールを送信できない

★2005年5月29日(日) [リマ→ナスカ]
朝9時、ナスカへ向けてバスが出発する。
待合室で靴磨きを見かける。2ソレスらしい。
1時半ごろ、チキンとカレーピラフの美味しい昼食のお弁当出る。
デザートはオレンジ色のプリン(ババロア?)。
ナスカへの道は、ほとんどが砂漠。少し畑もあり。
今年の10月ごろ、この道を走る予定。
太平洋は波高し。
15時半ごろ、到着。
ホテルまでのタクシーは、1ソル。値切りようなし
明朝の地上絵遊覧飛行機の予約とアキレパへのバスの予約する。
レストランは割りとこじゃれた感じのところ数件あり。
新しそうな綺麗なホテルを発見。気になる。
夕食中、子供がエルコンドルパサを演奏し始めるが、へたくそなので追い払う
ホテルで読書と写真の整理。
外は、車のクラクションでとてもウルサイ
ここは、インターネットカフェが多い。
1時間1ソル。

★2005年5月30日(月) [ナスカ→アレキパ]
2005-05-30P03ホテルの兄ちゃんが6時にドアをノックしてくれる約束なのに、その気配なし。
もやっていて天候が悪いので、飛行時間が9時過ぎになる。
軽飛行機で、ナスカの地上絵を観る。
水路、セラミック工場、金の精製所の見物。
IMGP1266夕方、インターネットカフェに行く。
義裕が、日本語入力に成功。
ホテルの兄ちゃんが、長距離バスの停留所までのタクシー代2ソルを払ってくれる
ありがとう。あんた優しいな。また来るぞ。
それにしても、ここは車のクラクションで死にたくなるほどウルサイぞ。
深夜10時半発のアレキパ行きバスは、12時50分に遅れる
車中、とても寒い。毛布を借りる。
時間つぶしにインターネットカフェに入る。
日本語入力できず。
『竜馬がゆく』、5巻。

★2005年5月31日(火) [ナスカ→アレキパ]
9時半、アレキパ到着。
バスターミナルでしばらく休憩。
義裕、靴を磨いてもらう
江田イン推薦のホテルへ行く。
アルマス広場に面したバルコニーのあるレストランで昼食。
日中、とても暑い。
夕方まで、ホテルで昼寝。
夕食は、アルマス広場の後ろのバルコニーのあるレストラン。
スパゲティはゆるく、フレッシュジュースは美味し。
祐子は、アップルパイを食べる。
シャワーは、最初の1分だけお湯、あとは水。
ほかの部屋も同様。
アクセスポイントがあるのに、電話が使えず、インターネットができない
すべて、英語のできないレセプションのボーイがイケナイ。

« 2005年4月、まずはロサンゼルスだ。 | Main | 2005年6月、ペルーでひと休み。 »